GLASSES BLOG

メガネ日記

2021.01.11 遮光眼鏡

手術後の眼にやさしいメガネはこれです「ウルトラガード」

こんにちは、山梨県河口湖にあるメガネの専門店オプトナカムラです。

当店には、認定眼鏡師や視能訓練士の資格を持つ専門スタッフがおりますので
目の見え方、視力についての相談、そして眼科処方箋も承っております。

メンズ、レディスのフレームはもちろん、子供用メガネのフレームも充実しておりますので、
小さなお子様をもつご両親と一緒にお越しになる方も多いのが当店の特徴です。

 

さて、本日は

手術後の眼にやさしいメガネ

について書きたいと思います。

まず、

眼にはお部屋の乾燥は大敵です。

冬場の暖房は室内を乾燥させドライアイを招きます。

また眼の粘膜はウイルスや細菌の侵入の障壁となるバリアの役割をしているので

他の病気に感染しないようにするためにも加湿器を使ったり、濡れタオルを干すなどして乾燥しすぎないように気を配りましょう。

そして術後には過度な刺激は禁物なのでPC作業のし過ぎ、テレビの見過ぎ、紫外線の強い時期の屋外作業のなどは良くありません。

そうは言っても生活上、仕事上やらずにはいられないという事もあると思うので

そのような方におすすめのメガネがあります。

眼の健康_ウルトラガード_山梨県_ルテイン保護

フレームのデザインもシンプルで軽く、男性・女性を問わず掛けることが出来ます。その名も「ウルトラガード」

ウルトラガード

薄っすらとカラーがついています。目に有害とされる青色の光を効果的にカットするレンズが入っております。

スマホやタブレットにパソコンの液晶画面、テレビ、LED蛍光灯など日常生活を送るうえで

私たちのまわりには青色光があふれています。

 

ウルトラガード_青色光

 

 市販の青色光を発するレーザーポインターをレンズにあててみた結果、左のウルトラガードのレンズは、

 ほとんど青色光をカットしているのが分かります。

 

欧米で失明の原因1位だったのは

従来、糖尿病によるものでしたが現在失明原因の1位は加齢黄斑変性によるものだそうです。

日本でも急増していているそうです。原因は食生活欧米化、及びスマホを日常的に長く使うことによって

有害光線を目に浴びることが多くなってきたことがあるのではないかと推測されております。

 

ウルトラガードは加齢黄斑変性の予防になる眼のルテインを保護します。

 

ウルトラガードはの健康のために役立つメガネです。

 

 

>>>自分に似合うメガネ選びは事前の来店予約がおすすめです。

>>メンテナンスや修理についてのご質問は問い合わせがおすすめです。

 

 

オプトナカムラは毎週、水曜日が定休日となっております。

 

株式会社オプトナカムラ

山梨県南都留郡富士河口湖町船津2448